ed治療薬レビトラ

ed治療薬レビトラ/即効性はバイアグラ以上です

ed治療薬レビトラの紹介

ed治療薬レビトラは、バイアグラとシアリスの中間的な性格を持ったed治療薬と言えます。

 

ed治療薬<レビトラは、独バイエルヘルスケア社で開発されたED治療薬です。 国内ではバイアグラに次ぐ二番目のed治療薬として厚生労働省の承認を受け2004年6月に販売されました。

 

ed治療薬レビトラの語源はラテン語で『男の生命』という意味を持っているそうです。

 

ed治療薬レビトラの成分バルデナフィルは、バイアグラと同じく陰茎海綿体にある陰茎への血流を阻害する要素PDE-5 という酵素の働きを抑える効果があります。

 

ed治療薬レビトラの特徴は副作用が少なく、早く効いて長く作用することで、 飲んで15〜30分と早く効き始め、10mgは4時間、20mgは8時間以上作用します。

 

食事をして早めに飲んでも、効果が落ちにくいので人気があります。

 

ただし、満腹状態からは30分以上あけて服用してください。 脂っこいもの(天ぷらや焼肉など)を食べた後は1時間位時間をおいて飲んでください。

 

レビトラは前立腺ガンの手術後や重度の糖尿病や脊椎損傷によるEDにも有効性が認められており、 うつ病によるEDにも効果的で、その結果うつ状態が改善したという報告もあるんです。

 

バイアグラが効きにくかったり無効だった方にも、 高容量レビトラ20mgならかなり期待がもてるので試してみてください。

 

これからは、ed治療薬も一つに決めるのではなく、ケースバイケースで使い分ける時代になることは間違いなさそうです。

 

ED治療薬の中で最も即効性のあるレビトラの詳細を次のページから説明していますのでご覧ください。

ed治療薬レビトラジェネリック

なんといってもジェネリックの魅力は値段の安さです。

 

「サビトラ」や「ジェビトラ」の20mg1錠は200円弱で購入できてしまうんです。

 

「レビトラ」をクリニックで処方してもらうと、20mg1錠2000円ですから、なんと10分の1の値段で購入できるんです。

 

ただ、クリニックでジェネリックを処方してもらえるのであれば良いんですが、薬事法の関係で「レビトラ」は特許が切れていないため、国内ではクリニックで処方してもらうことはできません。

 

そこで、インターネット通販を利用して個人輸入代行業者からジェネリックed治療薬を手に入れる方が多いんですね。

 

ところが、個人輸入代行業者がみんな「善良な管理者の注意を持って」ジェネリックed治療薬を販売してくれればいいんですが、「ニセモノ」の薬を平気で売っている業者が沢山いるんです。

 

 

ある調査によると、通販で流通しているed治療薬の60%は「ニセモノ」とのデータがあるくらいです。

 

もし「ニセモノ」を飲んで副作用が出ても、個人輸入したジェネリックed治療薬は「医薬品副作用被害救済制度」の適用外のため、どこからも救済を受けることが出来ません。
「ニセモノ」は不衛生で劣悪な環境で製造されるので、副作用の可能性は高いと言えます。

 

ここのサイトで紹介している業者は安心して購入できますので、利用してみてください。

 

ジェネリック医薬品の認知度も最近はかなり上がってきていますが、名前が全く違うことを知らないために、別の薬と勘違いしている人もいるのではないでしょうか。

 

ed治療薬「レビトラ」のジェネリック(正確にはコピー薬)としては、「サビトラ」や「ジェビトラ」などがあります。

 

最後に最新の情報ですが、「前立腺肥大症による排尿障害」の適応として厚労省に承認された薬剤である「ザルティア錠2.5mg・5mg」が4月から販売されています。

 

「ザルティア」はed治療薬「シアリス」と同じタダラフィル錠なのですが、あくまでも「前立腺肥大症による排尿障害」の薬として保険適用される見込みです。

 

コストパフォーマンスに優れたレビトラジェネリックがやはりおすすめです!

ED治療薬レビトラの使用法

現在ed治療薬レビトラには5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤のみです。

 

通販などのサイトには50mgや100mgといった「ニセモノ」が堂々と掲載されているので注意が必要です。

 

そのような面からいっても、クリニックから処方してもらうのが安全なんです。

 

ご自分で通販から購入したed治療薬レビトラなどを服用する方法もありますが、思わぬ副作用が現れる可能性があります。

 

ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用されている方は、ed治療薬レビトラを服用することで、血圧が急激に下がってしまい、最悪は死に至る場合もあるんです。

 

現在薬を服用されている方は、クリニックに相談してみましょう。

 

クリニックで処方してもらって問題が無ければ、次はご自分で通販を利用して購入すれば、安く手に入れることが出来ます。

 

さらに安くする方法として、レビトラのジェネリックを購入する方法もあります。

 

 

ed治療薬レビトラは「バイアグラ」に比べて、服用してから効果が表れるまで30分程度と、非常に早く効果が表れます。

 

服用は性行為の1時間前にして下さい。

 

ed治療薬レビトラは、性欲を高める精力剤ではなく、性的刺激によって勃起を促す薬なので、パートナーと深く触れ合うほど効果が表れるという訳ですね。

 

edは病気とは言っても、ストレスなどの精神的な原因も大きいことから、治療の仕方で十分治癒できます。

 

最近は「セックスレス夫婦」が増えて、edなのかどうかを試す機会もなくなっているという、皮肉な事態もあるようですが。

 

なんといっても、「セックスは現役」であることが男の自信にもなるし、プライドを持ち続けることにもなりますからね。

 

もちろん、「夫婦円満」の潤滑油にもなることは間違いないですね。

ED治療薬レビトラ・飲み方

レビトラは、即効性に優れている事がメリットです。

 

早い方ですと服用後、15分位から効果を実感できるんです。

 

ところが、そのような効果をあまり実感できない方がいるんですね。

 

原因を調べていくと、「空腹時に服用していない」ことがほとんどの原因なんです。

 

食事をした直後で、胃の中に食物が残っている状態でレビトラを服用すると、血液中にレビトラの成分が吸収されるのが遅くなり、効果が出にくくなってしまうんです。

 

血液中にレビトラの成分である「バルデナフィル」を100%吸収させるためには、胃の中を空っぽにしておくことがとても大切なんです。

 

すきっ腹でお酒を飲むと、早く酔いが回るように、レビトラの成分である「バルデナフィル」だけが胃の中にある状態だと、胃の毛細血管から素早く血液中に「バルデナフィル」が吸収されるんです。

 

ベッドインの前に食事をしておきたい方は、空腹時にレビトラを服用して、完全に吸収が完了されると言われている30分以上経過してから食事をして下さい。

国産バイアグラジェネリック

ジェネリック薬品は、別名「後発医薬品」と呼ばれています。

 

オリジナルの薬は「新薬」と呼ばれているので、「新薬の後に発売された薬」と言う意味があるんです。

 

「後発医薬品」を製造するには条件がいくつかあります。

 

最も重要なのが「特許期限」なんです。

 

基本的に、「特許期限」が満了しない限りジェネリック薬を製造する事は出来ません。

 

「バイアグラジェネリック」の場合、バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

特許期限は、特許庁に特許出願した日から20年間となります。

 

医療用医薬品の場合は研究開発に要した期間のうち、治験に要した期間と新薬の承認審査に要した期間が「特許期間の延長」の対象となり、最長で5年間延長されますので、医薬品の特許期間は最長25年ということになるんです。

 

また、特許期限が満了したからと言ってすぐに発売できるわけでは無いんですね。

 

「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

そのような経過を経て、2014年5月19日に国産バイアグラジェネリックの第一号である「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」がジェネリック薬品メーカー大手の「東和薬品株式会社」から発売位されました。

 

1錠1200円というやや高めの価格設定ですが、水なしで飲めるOD錠と言う剤形をしています。

 

風味も「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類から選べるようになっています。

レビトラ・インド

レビトラのジェネリック薬「サビトラ」や「ジェビトラ」はインドで作られています。

 

インドは、世界の医薬品市場におけるシェアに関して、金額で世界13位の1.0%、数量で第4 位の8%を占める程の「医療品製造王国」なんです。

 

医薬品産業の世界市場の伸びが8%であるのに対し、インドは12%もの高い成長を誇っているんです。

 

なぜこのような高いシェアを持っているんでしょうか?

 

まず第一は欧米先進国に比べて約半分程のコストで生産できる生産コストの低さがあるんです。

 

さらに、多くの優秀な学生たちが化学を学んでいると言う人材面での優位性です。

 

最もインドの医薬品産業が優利だったのが、いわゆる「1970 年特許法」と言われるインド独自の特許制度なんです。

 

「1970 年特許法」は、医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用したんですね。

 

このため、異なった製造方法で同じ効果の安い医薬品を製造することができたんです。

 

欧米先進国の医薬品メーカーが開発した医薬品を、特許使用料を払わずにジェネリック薬品として合法的に生産することが可能だったんですね。

 

このような有利な条件によって、インドのジェネリック薬は瞬く間に世界を席巻しました。

 

ところが、2005 年1 月1 日にWTO のTRIPS 協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)の開発途上国に対する免除期間が終了したことに伴い、「1970 年特許法」の改正を迫られたんです。

 

2005年特許法では、従前の「製法特許」制度から「物質特許」制度を採用することになったんです。

 

この事に伴い、インドの大手ジェネリック薬品製造メーカーは、インド以外の製薬メーカーを買収し生き残りをかけるようになってきました。

 

インド製のジェネリック薬も充実しているed治療薬レビトラを知りたい方はこちらをご覧下さい

 

ed治療薬レビトラ・PDE5阻害薬

と言うのは商品名で、薬品の名前は「バルデナフィル」と言います。

 

「レビトラ」「バイアグラ」「シアリス」のED治療薬3種類を「PDE5阻害薬」と言う呼び方をする場合もあります。

 

PDE5とは、ホスホジエステラーゼ(PhosphoDiestErase)5の短縮語です。

 

PDE5は、細胞内セカンドメッセンジャーであるサイクリックGMP (cGMP)を分解する物質です。

 

サイクリックGMP (cGMP)は、一酸化窒素を介して陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させる働きをする酵素です。

 

陰茎海綿体の平滑筋が弛緩すると、ペニス内への血液の流入量が増えてペニスを硬く勃起させます。

 

この、勃起を促す役目をするcGMPを分解してしまうPDE5の働きを阻害し、陰茎海綿体内のcGMP濃度を高めるのが、レビトラなどのPDE5阻害薬と呼ばれる薬なんです。

 

PDE阻害薬にはPDE3阻害薬と言う酵素もあって、PDE3阻害薬は心不全治療薬として使われています。

 

PDE3阻害薬はその他にも、血管拡張作用や運動耐用能増加作用も有しており、 有用性の高い薬剤として循環器系に広く用いられています。

 

PDE5阻害薬「レビトラ」は性的刺激によって、ペニス内への血液の流れを良くすることによって勃起を促す薬です。
「精力剤」のように飲めば性機能が増強される薬とは違う事を理解して下さい。

 

あくまでも、パートナーとのスキンシップによって効果が表れるという事を、覚えておいてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ